MVNOに乗り換えよう|絶対に損をしない法則

メリットばかりの契約

通話する男性

端末は自分で用意する

新しくMVNOへ乗り換える際に端末とSIMカードのセットで契約をするかSIMカードだけを契約するかの二つの選択肢があります。端末自体MVNOで販売されているものは安い物が多いですが、SIMカードのみを選択し既に手持ちのスマホを使用するか中古などで安く購入する工夫をすることで万が一自分に合わない場合は、気軽に乗り換えができるメリットがあります。そもそもMVNOではデータ通信であれば解約の際の手数料がなく、通話用のSIMであっても半年や1年程度継続して使用すれば違約金は発生しないのです。新しい端末が欲しい場合や分割で購入を考えるのなら、契約して少し時間が経ち自分に合った会社だと納得してからでも遅くないです。

窓口が少ない

大手契約会社ではMVNOでも窓口を設けていたりますが、それでも提供されている窓口は少ない特徴があり代理店もないためインターネット上での契約手続きがメインになります。文面の通りに手続きを進めていけば、難しい操作は一切なく、契約に必要なのは支払いに必要なクレジットカードと免許証などの身分証明ができるものだけです。窓口が少ないと言ってもサイト上で電話やメールでの問い合わせができるので分からないことがあれば、そちらを利用しましょう。今後を見据え、契約したスマホが故障してしまった場合や操作が分からなくなった場合を考慮して電話やメールだけでは不安な場合は窓口でサービスを行っている会社で契約するのが安心です。

お手軽ネット生活

スマホ

WiMAXの拾う電波を強化するには、市販の中継器を使う方法と自作のパラボラアンテナを使う方法があります。また、WiMAXの特徴として、引っ越ししても回線変更の手続きは不要ですし、頻繁にグレードアップされていますのでいつでも買い替え可能ですし、デザインも優れているという点があげられます。

More Detail

通信と料金削減

オフィス

携帯電話料金を抑えたい場合、有効な手段としてあるのが格安SIMサービスの利用である。格安SIMサービスでは、大手の携帯会社に比べ大幅に低料金で利用できる。業者を選ぶ場合には、自分の必要な通信量に合わせたサービスを選択する必要がある。

More Detail

携帯電話をお得に使う方法

通話する女の人

レンタル携帯は、携帯電話をレンタル業者が携帯電話会社と契約した通信回線ごと借りることができるサービスです。直接契約するよりも短期での利用が可能なため、上手に使えば通信費用を節約することが可能です。プライバシーの保護にも役立ちます。

More Detail